プロダクトデータアナリストとは?仕事内容や必要なスキルを解説

データサイエンティスト

2023.11.17

INDEX

近年、ビッグデータの活用やAI技術が急速に進化する中で、プロダクトデータアナリストという新たな職業が注目されています。プロダクトデータアナリストは、製品やサービスに特化したデータアナリストで、企業が競争力を維持するために重要な役割を担う職業です。
この記事では、プロダクトデータアナリストという職業の概要や仕事内容、必要とされるスキルなどについて解説します。

1.プロダクトデータアナリストとは

プロダクトデータアナリストは、製品やサービスに関連するデータ分析のスペシャリストです。

企業の新製品やサービスの開発や、既存の製品の機能やサービスの内容の改善において、重要な役割を担います。分析の対象となるのは、製品やサービス自体だけではなく、製品やサービスの機能も含まれます。

プロダクトデータアナリストは、対象となる製品やサービスを利用しているユーザーや市場のトレンドに関するデータの収集、データの整理と解析、分析結果の可視化、分析結果の報告という一連のプロセスを担当します。

2.プロダクトデータアナリストの仕事内容

プロダクトデータアナリストの具体的な仕事内容について説明します。

 

(1)データ分析と戦略立案

 

プロダクトデータアナリストの仕事は、製品やサービスに関連するさまざまなデータを収集し、統計的手法を用いて分析し、製品やサービスに関する課題を解決するための知見を引き出すことです。

例えば、以下のようなことを行います。

 

・顧客の購買履歴データを分析し、その結果からターゲットを絞った効果的なキャンペーン戦略を立案する

・カスタマーサポートのコールログを解析し、その結果から顧客が必要な情報をWeb上で簡単に見つけられるようにするための改善策を提案する

・時系列の売上データを分析して、実施中のマーケティング戦略の効果検証を行い、関係者に報告する

 

このように、データを分析するだけではなく、その結果に基づき製品やサービスの売上向上に貢献するような提案や報告をすることまでがプロダクトデータアナリストの仕事です。

 

(2)製品やサービスのパフォーマンス評価

 

製品やサービスのパフォーマンス評価を行うこともプロダクトデータアナリストの仕事の一つです。

定期的にパフォーマンス評価を実施して、目標に対する現状や推移を監視します。パフォーマンス評価の結果から、製品やサービスの改善が必要な点を特定した場合は、改善に向けた戦略を立案し、関係部署に報告します。

 

(3)市場調査・競合他社の動向調査

 

プロダクトデータアナリストは、業界の最新トレンド、潜在的な顧客のニーズ、競合他社の動向などを把握するために、市場調査を実施することもあります。

特に、新しい製品やサービスを開発する前には、ターゲットとなる市場のトレンドや競合他社の動向を分析して、製品開発やマーケティング戦略などに反映させることが求められます。

3.プロダクトデータアナリストに求められる役割

プロダクトデータアナリストの仕事内容と求められる主な役割について説明します。

 

(1)プロダクト戦略立案の支援

 

プロダクトデータアナリストは、データ分析を通じて、製品やサービスの強みや課題などを明らかにして、改善策を提案し、プロダクト戦略の立案を支援することが求められます。

プロダクトデータアナリストが膨大なデータを収集して、精度の高い分析を行うことで、製品やサービスの市場での競争力や顧客のニーズを的確に把握できます。その結果に基づき、プロダクト戦略を立案することで、企業が市場における優位性を確保することが可能になります。

 

(2)マーケティング活動のサポート

 

プロダクトデータアナリストは、企業のマーケティング活動をサポートする役割も担います。ユーザーの行動や傾向を分析し、効果的なマーケティング戦略を立案するための情報をマーケティングチームに提供することで、企業はより効果的なマーケティング活動を展開することができます。

例えば、顧客の購買履歴や行動データを分析することで、ターゲットとなる顧客セグメントを特定し、セグメントに合わせたマーケティング施策を立案することが可能になります。

4.プロダクトデータアナリストに求められる知識やスキル

プロダクトデータアナリストとして活躍するためには、どのような知識やスキルが求められるのでしょうか。

 

(1)データ分析のスキル

 

プロダクトデータアナリストにとって、データ分析のスキルは非常に重要です。データを適切に収集して整理し、分析する能力がなければ、意味のある知見を抽出することができません。

データ分析能力を高めるためには、統計学や機械学習の知識を身につけることが必要です。また、データ分析ツールの使用方法にも精通していることが求められます。

 

(2)プログラミングスキル

 

データの収集や分析には、PythonやRなどのプログラミング言語を使用することが一般的です。プロダクトデータアナリストはプログラミングスキルを習得することで、より効率的にデータを処理し、分析することができるでしょう。

 

(3)製品やサービスを深く理解する力

 

プロダクトデータアナリストには、データ分析やプログラミングなどの専門的なスキルだけでなく、対象となる製品の仕様やサービスの内容を深く理解する力が求められます。製品の仕様やサービスの内容についての理解を深めることで、どのようなデータを収集して、どのように分析をすればよいのかを的確に判断できるようになります。

 

(4)レポート作成・プレゼンテーション能力

 

プロダクトデータアナリストは、データ分析の結果をレポートやプレゼンテーションにまとめて、他のチームメンバー、経営幹部、クライアントなどに伝えることが求められます。その際は、データ分析に関する専門知識を持たない人が内容を理解できるよう、チャート、グラフ、表などを用いて、視覚的にわかりやすく表現する必要があります。

また、経営幹部やクライアントへのプレゼンテーションを行う機会もあるので、プレゼンテーション能力も求められます。

5.プロダクトデータアナリストに向いているタイプ

以下に該当する人は、プロダクトデータアナリストに向いているといえるでしょう。

 

(1)マーケティング部門での実務経験がある

 

プロダクトマネージャー経験者など、マーケティング部門で製品やサービスに関する実務経験があり、かつデータ分析に興味がある人はプロダクトデータアナリストに向いているといえます。このような人は、データ分析やデータサイエンスの専門的な知識やスキルを学習することで、実務経験から培った知識と掛け合わせた仕事ができるため、製品やサービスの改善に大きく貢献できる人材になる可能性が高いでしょう。

例えば、マーケティング関連の知識や経験を持つ場合、プロダクトデータアナリストとして関連データを解析することで、効果的なキャンペーン戦略を提案することができます。これにより、売上の向上につながるキャンペーンを展開することができるでしょう。

 

(2)新しい知識やスキルを学ぶ意欲がある

 

プロダクトデータアナリストは、AIなどの技術の進化に合わせて、常に最新の知識やスキルを習得する必要があります。AI技術は急速に進歩しており、新しいアルゴリズムやフレームワークが次々と登場しているので、プロダクトデータアナリストには常に最新の知識やスキルを学び続ける姿勢が求められるのです。

また、プロダクトデータアナリストはデータ分析や可視化に役立つツールを使用することも多いので、新しいツールの使用方法を習得する意欲も求められます。

 

(3)コミュニケーション能力が高い

 

プロダクトデータアナリストは、データ分析の結果をプロダクトマネージャー、経営幹部、クライアントなどの関係者と共有し、彼らが製品やサービスの改善策等の意思決定にデータ分析の結果を活用できるようにサポートすることが求められます。また、マーケティング部門や営業部門のメンバーなどと協力しながら仕事を進めることも多いです。

そのため、コミュニケーション能力が高い人はプロダクトデータアナリストとしてスムーズに仕事を進められる可能性が高いといえるでしょう。

6.プロダクトデータアナリストになる方法

「将来、プロダクトデータアナリストとして仕事をしたい」「プロダクトデータアナリストに求められる専門知識やスキルを効率的に学習したい」という人は、プロダクトデータアナリスト養成講座を受講することが近道です。

 

データミックスのプロダクトデータアナリスト育成講座では、プロダクトデータアナリストとしてビジネスの現場で活躍できる実践的な知識とスキルを習得することができます。具体的には、以下のような知識とスキルを習得することが可能です。

 

・前半:データ可視化、統計学、機械学習などの基礎的なスキルと知識を習得

・後半:KPI(重要業績評価指標)の設計とマネジメント、ダッシュボードの作成、定量的な効果検証のフレームワークや手法、プロダクトマネージャーと効果的に協働するための方法論

まとめ

この記事では、プロダクトデータアナリストという職業の概要や仕事内容、必要とされるスキルなどについて解説しました。

 

プロダクトデータアナリストは、ビッグデータの活用が急速に進む中で、企業が競争力を維持するために不可欠な職業で、今後、需要が高まることが予想されます。しかし、プロダクトデータアナリストは、近年のデジタル化に伴い誕生した新しい職業なので、日本国内ではまだ職業としての認知度が低く、プロダクトデータアナリストを養成する講座はほとんど存在しないのが実情です。

 

データミックスでは、初学者や文系出身の方でもプロダクトデータアナリストに必要な知識やスキルを体系的に学習できる本格的なプロダクトデータアナリスト育成講座を提供しています。

オンラインで受けられる無料の個別相談も実施していますので、「カリキュラムの詳細を知りたい」「講座を受講してみたいけれど、ついていけるか不安」という方もぜひお気軽にお申し込みください。

関連記事

まずはオンラインで体験&相談

体験講座やワークショップ、キャリアの相談、卒業生との交流など、さまざまな無料オンラインイベントを開催しています。

公式サイトへ

ピックアップ

VIEW MORE

インタビュー

VIEW MORE

ランキングRANKING

VIEW MORE