Inside of data science
データサイエンスに纏わる様々な視点を発信しています

トピック

データサイエンティストの仕事内容・働き方を詳しく知ろう

こんにちは、データミックスメディア編集部です。

今回は「データサイエンティストの仕事内容・働き方」についてご紹介します。

データサイエンティストの仕事内容って?

データサイエンティストとは、蓄積されたビッグデータを分析し、問題解決や状況改善を行う仕事です。

 

Webサイトの閲覧履歴やECサイトの購入履歴、自動改札や高速道路のETCの通過履歴など、世の中には人々の活動に関わるさまざまなデータが存在し、それが日々蓄積されています。データサイエンティストは、これらのデータを企業経営などに活用するために分析を行います。

 

データサイエンティストとして仕事をしていく上では、ITの基本的な知識や技術に加え、数学や統計に関する知識、分析能力やデータから課題を解決に導くために必要となる問題解決能力も必要になります。

データサイエンティストの仕事例

データサイエンティストの仕事は多岐にわたり、どのような仕事を行うかは、企業によってさまざまですが、いくつかの例を以下にご紹介します。

 

SNSやブログのデータの収集・保管

代表的なビッグデータのひとつに、ネット上に集まる口コミが挙げられます。SNSやブログに投稿される内容は、消費者の本音を理解することができる、貴重なデータの集まりです。これらのデータを種集・保管し、分析によってマーケティングなどに有益な情報を見つけ出します。

HR領域のデータ分析

HR領域とは、企業経営が健全な状態で行われるための、人材の整備や確保、育成などを指す言葉です。この分野においても、データ分析が活用されています。具体的には、既存社員のデータを活用して新入社員の離職を防止したり、心身の健康状態を可視化したりといったことにいかされています。

パッケージソフトウェアの開発

パッケージソフトウェア、つまり市販のソフトウェアの開発においても、ソフトウェア内で使われるモデル開発などでデータサイエンティストが活躍しています。

 

データサイエンティストに求められるスキル

データサイエンティストとして仕事をしていく上で求められるスキルは、分析に関する技術的なものだけではありません。データ分析が経営課題を解決するために行われている以上、それをスムーズに遂行するためのスキルも必要になってくるのです。

データサイエンティストが身につけておくとよい具体的なスキルをいくつかご紹介します。

ITや分析・統計に関する知識

まずは、ITに関する基本的な素養や、データ分析を行うにあたって必要なデータの処理・分析を行うための知識・技術が必要になります。データ分析についての知識や技術は、専門のスクールなどで身につけるのがよいでしょう。

リーダーシップ・マネジメント能力

複数のデータサイエンティストが集まるチームを束ねて仕事をするような場合は、リーダーシップやマネジメント能力も必要になります。各メンバーの特性を理解し、適材適所の仕事ができるようにすることや、チーム間のコミュニケーションが円滑にとれるように配慮することなどが求められます。

コンサルティング能力

データ分析は、企業が抱える課題を解決するために行われます。そのため、今の課題を明確にし、それに対して的確な提案をしていくためのコンサルティングとしての能力もデータサイエンティストには求められることになります。

 

一見、データ分析とは関係がなさそうに思えるスキルが求められることも多いので、さまざまなことに関心を持ち、専門分野だけでなく経営やビジネス全般の知識を増やしていくことが大切です。

 

また、企業によっては英語力も求められる場合があるでしょう。例えば、外資系企業であれば、英語で上司とコミュニケーションをとらなくてならない場合もあり、また、英語の資料を読み込むことが求められる状況も考えられます。

 

データサイエンティストは資格がなくてもなれる

データサイエンティストは、専門性の高い仕事というイメージがあり、実際に業務に就けるようになるまでには高いハードルがあると感じている人もいるかもしれません。

 

しかし、データサイエンティストには「必ず取得しないといけない資格」というものは存在しません。例えば他の専門職の場合、看護師やケースワーカーといった専門職は、国家資格を持っていなければ仕事に就くことはできませんし、タクシードライバーになりたいと思えば、自動車の二種免許を取得する必要があります。

 

データ分析に関する資格は、そのような取得必須のものではなく、資格がなくてもデータサイエンティストになることはできます。もちろん、資格を持っていることで、就職において有利になるといったメリットはありますが、「資格がないからダメ」ということではないのです。

 

つまり、やる気と学び方次第では、誰でもチャンスをつかめるということなのです。もし、これからデータサイエンティストを目指したいと考えているなら、身につけるべきことを明確にした上で、データサイエンティストになるためのスクールや転職エージェント等も利用しながら、準備を進めていきましょう。

«
»

ブログ一覧

BLOG CATEGORY