Excert

新しい受験のあり方を実現する
オンライン試験プラットフォーム

Excert(エクサート)は、資格試験事業者でもあるデータミックスが自社開発した、オンラインでの試験運営を監視付きで行う事ができるSaaSプロダクトです。在宅受験・テストセンター受験等形態を問わず公平公正な試験の実施を促進します。

FEATURE

Excertの特徴

01.

在宅受験にも
リアルタイム監視を

従来のオンライン試験では難しかった、試験官による遠隔監視をを実現。カンニング等不正行為の防止・発見だけでなく、会場での試験のようなきめ細やかな受験者対応が可能です。

02.

様々な受験形態を
ハイブリッドに実現

在宅受験(IBT)・テストセンター受験(CBT)・マークシートを利用した会場受験(PBT)を、状況に応じて組み合わせて実現可能。管理コスト上げずに受験者の選択肢を広げ、受験者数増加に寄与します。

03.

制限の無い
出題形式

一般的な多肢選択・自由記述・穴埋めといった形式に加え、音声や動画ファイルの利用・回答欄の図表内への埋め込み等、多様な問題を表現可能。お考えの出題形式があればご相談ください。

CASE STUDY

Excertの活用事例

活用実績 ①数万人規模の在宅受験

受験期間内に連日複数の時間枠を設け、受験者が任意のタイミングで受験する五月雨型の在宅受験を数万人規模で実施。国内最大級のトラフィックに対して安定的な運用を実現し、在宅受験のニーズが高まる中、受験者の利便性を高めることにつながりました。

活用実績 ②千人規模の在宅受験を一斉型で実施

同日同時一斉試験を千人規模で実施。テストセンター受験(CBT)の実施の際には「会場席数」が課題となるケースが多いですが、オンライン在宅受験であればそうした物理的な制約は受けません。システム負荷対応・運用体制構築を適切に行うことで、さらに大規模な実施も可能です。

活用実績 ③在宅受験とテストセンター受験の併用

数千人規模の検定試験にて在宅受験(IBT)・テストセンター受験(CBT)をハイブリッドで実現。外出を控えたい受験者は在宅受験を、端末準備等のコストを抑えたい方はテストセンター受験を選択し、前年実績以上の受験者数となりました。

活用実績 ④大学内中間期末試験での利用

コロナウイルスの影響で既存の形式での試験実施が難しい大学様にて、中間試験や期末試験といったシーンで利用頂いています。

活用実績 ⑤企業内昇進試験での利用

企業様内部での昇進試験等での利用実績もございます。試験実施に関する移動費等のコスト削減や、ビデオ通話ツール等を利用した煩雑な運用の改善が可能です。

CONTACT

お問い合わせ

サービスの詳細や導入に関するご質問・ご相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。