Inside of data science
データサイエンスに纏わる様々な視点を発信しています

社員紹介

大久保 晋之介 データサイエンティスト育成のフロンティア インストラクター紹介

ゼネラリスト志向で、よりビジネス価値を高める

データサイエンティストを目指す

 

  • 大久保晋之介 プロフィール

<スクール事業本部 コンテンツ開発部 シニアデータアナリスト>

大学時代には情報学を専攻。ベンチャー志向が強く、学生時代の友人が立ち上げたITベンチャーにエンジニアとしてジョイン。その後WEBサービス系企業に勤めるも、エンジニアからデータサイエンティストへの転身をはかり、2019年データミックスに入社。

 

データサイエンティスト・大久保晋之介。ビジネス課題を解決できるデータサイエンティストを育成するスクール事業の講師として、受講されるビジネスパーソンが抱える新たなビジネス課題と日々向き合っている。エンジニアとして成長を想い描いていた大久保が、なぜデータサイエンスの世界に飛び込んだのか。そして、データサイエンティストの可能性に魅了されるまでになった想いを大久保が語った。

「エンジニアを続けるべきかどうか・・・」 人生の岐路で、データサイエンスと出会う

私は大学時代に情報学を専攻しており、学生時代に目にした書籍の中で、「これからは個人の時代。インターネットが個人の力を増幅させ、個人のスキルをアップさせる」といった趣旨の言葉に感銘を受け、将来はIT業界に進みたいと考えていました。年功序列的な価値観に縛られるのはイヤなタイプだったので、大企業よりはベンチャー系で仕事をしたいと思い、大学時代の友人が立ち上げたITベンチャーにエンジニアとして参画しました。

 

エンジニアとして数年の経験を重ねた後、2社目のWEBサービス系企業に転職。とにかくエンジニアとしてレベルアップし成長したいという思いからスキルを磨き続けました。

しかし、スキルを磨けば磨くほど、レベルの高いエンジニアとの技術力の差を感じるようになり、また一方でエンジニアリングだけはなく、ビジネス全般を学んでみたいと思うようになりましたが、何から始めるべきかわからず、暫くは試行錯誤を繰り返す日々が続きました。

 

そんな時、社内でデータ分析への機運が高まり、たまたまチームに入らないかと声をかけられたのが、「データ」との最初の出会いでした。マッチングアプリのBIチームに入り、データの可視化、BIツールの運用・構築などを行なっていました。それはそれでとてもやりがいのある仕事でしたが、もっとより広いデータサイエンス領域に携わりたいという思いがだんだんと強くなっていきました。思えば、この時がデータサイエンティストへのターニングポイントだったと言えるかもしれません。その後出会ったのが、データサイエンティストのスクール事業やコンサルなどを手がけていたデータミックス。ここなら、機械学習もディープラーニングも、統計、自然言語処理も、幅広くデータサイエンスの知識やスキルを身につけることができる。データミックスへの入社を決め、データサイエンティストとしての仕事の奥深さや可能性にどんどんのめり込んでいきました。

モチベーションの高いビジネスパーソンと向き合う講義、最初は伝えるだけで精一杯だった

現在、データサイエンティスト育成コースの講師をやっていますが、実は、人に教えることは未経験。

さらに、長時間人前で講義を行うといった経験もありませんでした。しかも、データミックスのスクールに来られる方々は、企業で経営企画部やマーケティング、AI推進室といった経営基幹に関わるモチベーションの高いビジネスパーソンばかり。データサイエンスのスキルを身につけようと、業務が終わった夜間や土日の時間を惜しまずに臨まれており、まさに真剣勝負ともいえる場。ただ初めの頃は伝えることだけで精一杯でした。

その後、データミックスのトレーニングで講義内容やスタイルをブラッシュアップしていく中で試行錯誤を重ね、より実践的なビジネスに役立つ講義スタイルを作り上げていきました。例えば、機械学習の理論の講義などは、こちらが一方的に話をしても、受講者の集中は長く続かず退屈になりがちです。そこで、受講者の関心度をより高めるために、ビジネストレンドのキーワードを引き合いに出したり、身近な飲食チェーン店に関する具体的なデータ活用事例や、時には「海外の犯罪率抑止のためのデータ分析」などの話題も交えながら、なるべく受講者に話しかける対話型での講義を心がけるようにしました。

あらゆる業界、業種でビジネス課題を解決できる可能性を持つデータサイエンスの魅力や、アプローチ手法などを肌で感じてもらえるようにすることが、受講者が抱える自社のビジネス課題解決へのスキルアップにつながっていくと、徐々に確信が持てるようになりました。そのためには、こちらの引出しを増やしておくことが欠かせません。常にあらゆる分野のデータ活用事例や市場ニーズ、最新テクノロジー等に関する知識、スキルを磨いて絶えず自分を成長させることが重要だと考えています。

データサイエンスは面白い。ゼネラリスト思考で、ビジネス価値を高める人材になりたい

データサイエンティストの仕事の醍醐味のひとつは、ビジネス価値を生むための戦略づくりを自由度が高く、データを駆使して展開していけることだと思います。同じデータでも、データサイエンティストの力量、視点の違いや仮説の立て方で、その価値を2倍にも3倍にも高めることができるのですから。

私は、データサイエンスの専門知識を磨いていくことも大切ですが、ある分野に特化して掘り下げるより、ゼネラリストとして幅広く知見を得ることでビジネス価値を高めることができる人材になりたいと考えています。データミックスにいるデータサインティストたちは個性的かつオープンマインドなので、授業の進め方の相談やいろいろな意見交換、情報交換をいつでも行うことができるので、毎日刺激のある環境で働くことができています。自分をさらに成長させながら、新たなビジネス価値を生み出すようなデータサイエンティストを社会に輩出していきたいと考えています。

データサイエンティスト として描く夢は?

私は趣味でデータ分析をするなどデータサイエンスが大好きです。データサイエンスは楽しく、多くの方にとって価値があるということを伝え、広めたいと思っています。講師陣はデータサイエンスが好きな人ばかりで、技術やティーチングスキルについて情報交換していると、自分が着実に成長できていることを実感します。自分自身データサイエンティストとして成長しつつ、講義やコンテンツの作成を通じて、データサイエンスの魅力を今後も広めていきたいです。

«
»

ブログ一覧

BLOG CATEGORY