講師の紹介

Instructors

データミックスの講師陣はデータサイエンスの第一線で活躍するデータサイエンティストで構成されています。理論はもちろん、ビジネスの現場では今何が起きていて、どのように各スキルや知識を使い、また苦労しているのか、といったデータサイエンスのリアルもお伝えします。

堅田 洋資

堅田 洋資

堅田 洋資

堅田 洋資

Yosuke Katada
担当
ブートキャンプステップ、ベーシックステップ、アドバンスステップ「レコメンデーション」クラス
学歴
University of San Francisco, M.S. in Analytics修了
一橋大学商学部卒業(統計学・データサイエンス専攻)

日本では数少ない米国大学のデータサイエンス修士号を保有。
前職の白ヤギコーポレーションにて、社内のデータはもちろんクライアントのデータ分析を支援するコンサルタントとして活躍。
これまで機械学習を用いたレコメンデーション、アプリユーザーの行動分析や機械学習を用いたプッシュ通知の最適化、交通系IoTのデータ分析、数理最適化などを担当。
白ヤギコーポレーション参画前は、監査法人トーマツにてデータ分析コンサルタント、生体センサスタートアップでサービス・アルゴリズム開発の取締役、KPMG FASにて事業再生コンサルタント、外資系メーカーでの経理・マーケティングなど幅広い経験を持つ。

著作

フリーライブラリで学ぶ機械学習入門(秀和システム)

メディア実績

●日経ビッグデータWeb版パートナーレポート「成功するアナリティクス案件の選択とは

●SELECK 「数値からユーザー行動を読み解く!データ可視化のカギは、TableauとRの使い分け」

●SELECK 「ビッグデータ分析を競い合え!世界中のデータサイ エンティストが集う「Kaggle」とは」

講演実績

●日経ビッグデータカンファレンス「世界最大級分析モデルコンペ Kaggleの最新動向」

●デブサミ2016 「人間と機械学習のはざま: どこまで機械に任せるのか」

●マーケティングテクノロジーフェア2017 「ケースで学ぶ!意思決定者のための統計学超入門 ~理論とケースで統計学的思考の基本を身につける~」

牟田 博和

牟田 博和

牟田 博和

牟田 博和

Hirokazu Muta
担当
アドバンスステップ 「統計的因果推論と実験デザイン」クラス
学歴
京都大学大学院情報学研究科

京都大学大学院情報学研究科を卒業後、ソニー株式会社にて半導体エンジニアとして勤務。その後有限責任監査法人トーマツに入社し、データ分析を活用した経営コンサルティングに従事。製造、金融、小売など、多様な業種のクライアントに対するコンサルティングに携わる。
現在はLINE株式会社で、サービスのグロース、マーケティング最適化など、社内のデータ活用に関わる様々なプロジェクトの推進およびデータ分析を担当している。

George Serban Radescu

George Serban Radescu

George Serban Radescu

George Serban Radescu

ジョージ・シェルバン・ラデスク
担当
アドバンスステップ 「Big Data (Spark)」クラス
学歴
東北大学情報科学研究科 修士
東北大学経済学部 学士

元大手通信会社のモバイルコアネットワークエンジニア。米国のデータサイエンティスト養成スクールであるThe Data Incubatorで学んだ後、近年はデータサイエンスと機械学習に没頭し、機械学習アルゴリズムを載せた分散処理システムを設計。現在、医療系のStartupでデータエンジニアとして活躍。

角田 孝昭

角田 孝昭

角田 孝昭

角田 孝昭

Takaaki Tsunoda
担当
アドバンスステップ 「自然言語処理とAPI」クラス
学歴
筑波大学大学院システム情報工学研究科 博士(工学)

筑波大学大学院システム情報工学研究科修了。博士(工学)。大学では、自然言語処理、特にテキスト誤りの検出・訂正やレビュー文解析を中心に研究する傍ら、Web データの時系列分析に基づく商品販売数などの予測を試みる研究にも参画。
卒業後、サイバーエージェント 技術本部 秋葉原ラボにて、国内最大級のブログサービス「アメブロ」を主な対象とした、テキスト解析・ユーザ行動分析及び付随するシステム開発を担当。

大西 佑紀

大西 佑紀

大西 佑紀

大西 佑紀

Yuki Onishi
担当
アドバンスステップ 「組み合わせ最適化と動的計画法」、「ベイズモデリング」クラス
学歴
東京大学大学院工学系研究科 修士
東京大学工学部 学士

東京大学大学院工学系研究科修士卒業。修士時代はOperations Research、特に数理計画法についての研究を行う。野村総合研究所にてインフラエンジニアとして勤務後、株式会社ビズリーチに参画。データサイエンティストとして、レコメンデーションシステムの開発やユーザ行動分析、マーケティング活動最適化支援等、機械学習や統計解析を用いたプロジェクトの企画から開発まで幅広く担当。

乗松 潤矢

乗松 潤矢

乗松 潤矢

乗松 潤矢

Junya Noriamatsu
担当
アドバンスステップ 「ディープラーニング」クラス

SIerにてインフラSEとして勤務ののち、大学院博士後期課程に入学。 自然言語処理を専門とし、統計的機械翻訳システムの高速化に貢献。大学院での研究と並行して起業し、業務委託により専門性を活かしたプロダクト開発に携わる。参画した主なプロジェクトに、カメリオ(ニュースフォローメディア@白ヤギコーポレーション)、Labellio(ディープラーニングによる画像認識システム@Alpaca/京セラコミュニケーションシステム株式会社に譲渡済)、AlpacaAlgo(ディープラーニングによる投資アルゴリズム設計@Alpaca)がある。2016年11月、白ヤギコーポレーション入社。現在、カメリオAPIの企画・運用・開発に携わる。博士(工学)。

三村 健太郎

三村 健太郎

三村 健太郎

三村 健太郎

Kentaro Mimura
担当
アドバンスステップ 「マーケティングミックスモデリング」クラス
学歴
慶應義塾大学理工学研究科

理学修士 (慶應義塾大学理工学研究科)、実験計画における配列構成法
リサーチ会社 (広告統計、視聴計測)、インターネットメディアにおいて
(1) マーケティング・コミュニケーションの効果検証
• 4マス+デジタル広告、PR、メルマガ施策 (個別および、パネルや第三者配信による横断効果)
• マーケティング・ミックス・モデルによる予算配分 (FMCG、自動車、ダイレクト保険 等)
• 広告枠品質調査 (Web動画やTVCM枠のビューアビリティ計測、配信面のアドベリフィケーション対策)

(2) トラッキングサーベイ、ソーシャルリスニング調査
• オーディエンスの態度変容モデル (パス解析、反応パラメータの推定)
• ブランドやキャンペーンのイメージ評価 (ポジショニング、因子抽出)
• 生活態度、メディア接触行動のフレームワーク開発

(3) パネルデータ、オムニチャネル会員データのマネジメント
• データ統合基盤の構築と可視化
• 顧客セグメンテーションとCRM施策連携 (店舗⇔ECの相互送客 等)