CLMS(Concentrate Learning Management System)は、集中度を測定することでより良い学習を実現する、AIエンジン型の製品です。

screen

CLMSの特徴

AIエンジンで集中度を測定

機械学習を用いた独自のアルゴリズムにて、カメラからの映像に映った人の集中度合いを数値化。カメラからの距離や室内の明るさに依存しないので、環境を選ばずに活用できます。

汎用性のある技術要素

エンジンとして開発しており、様々なアプリケーションの内部に組込み利用することができます。汎用性が高く、個社のニーズに合わせた教育DXを実現します。

プライバシーへの配慮

AIエンジンへのインプットとして活用した映像はその場で破棄し、計測結果の集中度のみを保存します。プライバシーに配慮しており、カメラに映る方を不安にさせることはありません。

CLMSの活用事例

活用実績 ① Eラーニング

Eラーニング事業を展開するプロシーズ様のプラットフォームに、アドオンとして集中度計測機能を ご提供しております。Eラーニング受講中の集中度を測定し、受講生ご本人や法人契約時の管理者様に フィードバック。『注意を保つ』ことを助けるための新しい取り組みとして注目されています。

プロシーズ様サービスページはこちら

活用実績 ② 対面式集合研修

エンジニア派遣事業を展開する企業様の対面式集合研修にて、研修中の従業員の方の集中度を計測。 集合研修ながら個人ごとに集中度を取得し、理解度の底上げができるような体制を実現しています。

教育現場 DX コンサルティングを承ります

貴校・貴社ではどのようなデータを活用し、教育の質に還元していますか? 弊社では『集中度計測 AI エンジン』と『データ分析コンサルティング』を合わせた 教育現場 DX コンサルティング が可能です。是非ご相談ください。

お問い合わせはこちら