ブログ

Blog

2018.11.27

2018年10月期(第7期)データサイエンティスト育成コース ブートキャンプステップ終了しました!

先週をもって、オリエンテーション後、全7週間にわたるブートキャンプステップが終了となりました。

ブートキャンプステップ最後の授業後には、それぞれのクラスで懇親会を開催しました。

 ブートキャンプステップを振り返って

ブートキャンプステップでは、データサイエンスの重要な要素である、機械学習・統計学を、PythonやRといったプログラミングを交えて学習してきました。

受講生からは「初めてのプログラミングで最初は大変でしたが、復習や宿題を通して段々と慣れてきました」という前向きな声が多数聞かれました。運営側もちょっと安心しています。

特に、「難しかったけど、面白かった!」との意見が多かったのは、「ロジカルシンキング」の授業です。この授業は、ビジネス課題からデータ分析の問題へと翻訳する思考プロセスや方法論をグループワークと演習で体感します。受講生の多くがマーケティング・営業、人事、コンサルティング、投資ファンドなどバックグラウンドが様々ですので、活発な議論や質問がされていました。

ブートキャンプステップに続く「ベーシックステップ」の多くはデータ分析のミニプロジェクトです。そのため、ブートキャンプステップで身につけた統計学や機械学習の知識を適用するチャンスが多くありますので、今はまだ「わかったような気がする」知識を定着させていってください!!

 

懇親会も開催しました!

懇親会は、ブートキャンプステップの締めくくりである「ロジカルシンキング」の授業の後に各曜日ごとに開催しました。ブートキャンプステップを通じて知り合った受講生どうしで盛り上がっていました。講師の中にデータミックスのコース卒業生がいるので、受講生から勉強方法についてのアドバイスを求められていました。

ブートキャンプステップを受講されたみなさま、本当にお疲れ様でした!!
引き続きベーシックステップに進まれる方は、今週から頑張っていきましょう!!